あなたは正しいですか?きちんと歯磨きしましょう!

強い力は必要ありません

歯磨きをする時は、なるべく強い力で磨いた方が食べかすや歯垢が除去できると思いがちです。歯間に頑固に挟まっているのであれば、ある程度強い力が必要かもしれませんがそうでない場合は優しく磨くのが原則です。力が強すぎると、歯茎に悪影響を及ぼします。ブラシと歯茎が擦れて傷がつきますし、場合によっては出血する可能性もあります。歯を磨くごとに出血をしているようだと口内環境も悪くなりますし、何より痛くて不快です。

磨くのが短すぎませんか?

歯磨きをする時は、想像以上に長く磨かないといけません。数分で終わってしまうような磨き方は、どんなに上手く磨いていたとしても不十分です。歯というのは非常に複雑な形をしているので、一回ブラシを通したからと言って完璧に磨けるか分かりません。磨けているかどうか鏡で確認するのも難しいので、神経質になって時間をかけるしかないのです。もし磨けていなければ虫歯という形で返ってくるので、自分の歯の健康の為に時間をかけたいです。

食後すぐに磨くのはNG

歯磨きは大抵食後に磨くものだという認識が広まっています。もちろん食後というのは間違いではありませんが、食事の直後は磨くべきではありません。食事をすると歯がもろい状態になるので、そのタイミングで歯磨きをすると更にダメージを与えることになります。食後30分くらい経過すると口内環境が食前とほぼ変わらないようになってくるので、そのタイミングが好ましいです。食事直後の歯磨きは食事の余韻まで消してしまいます。

根管治療とは歯髄(神経や血管)が通っている根管に細菌が入り込み炎症を起こした場合に、歯髄を取り除き、患部を完全に洗浄・消毒してキッチリ塞いでしまう治療法です。