傷跡の有無は?効果の持続性は?どの豊胸術がいいのか

豊胸用のバッグを挿入する

豊胸術と言えば、この方法が有名ですよね。患者さんの体の厚さや脂肪の量などでどこにバッグを入れるのが最適なのかは異なりますが、技術やシリコンバッグの進化によって見た目や食感の違和感も少なくなっています。主な豊胸術の中では唯一メスで切開するので傷跡が残ってしまいますが、脇や乳房の下に数センチ程度だけといった具合にできるだけ目立たないようにすることもできるんですよ。バッグの中身も形状記憶できるジェルになってからは中身が漏れにくくなりました。

血液を使って豊胸する

献血豊胸やPPPジェル豊胸などと言われる方法で、まだ比較的新しい豊胸術です。アンチエイジング治療の現場ではすでに広まっていますが、患者さん本人の血液から血小板を取り出してジェル状にして胸に注入します。ジェルが加わる分胸のボリュームが増え、さらに成長因子もプラスされるので胸が育ちやすくなるんですよ。持続期間は一年間とやや短めですが、メスで切開したりしないので、身体に傷跡が残る心配はほとんどありません。

お手軽なヒアルロン酸

PPPジェル豊胸は、簡単で身体も副作用を起こさないので魅力的な方法ですが、貧血の人はできません。しかしヒアルロン酸豊胸は体形などを問わずに受けることができます。こちらも脂肪注入やPPPジェル豊胸と同じく傷跡に至っては心配はないでしょう。効果が続く期間は約一年ですが、ヒアルロン酸の薬剤はたくさん種類がありますし、身体が吸収しにくいタイプもあります。ハリを出したり、形を整える目的で打つ人もいるんですよ。

美容整形とは、自分の体や顔にコンプレックスがあり、専門の医師に手術や注射等によって理想に近づけてもらうことです。